2007年01月13日

ズボラのアフィリエイト

最近はアフィリエイトも随分メジャーになってきましたね。

自分のサイトに広告を載せて、チャリ〜ンと収入が入ってくるのは快感です。これってある意味、不労所得なんですね。もちろん事前にサイトを作るという作業はありますが、一度作ってしまえば放っておいても収入が入るわけですから。

でも最初はなかなか収入があがりませんでした。やっぱりサイトを訪れる人数が少なければ、商品を買ってくれる率も少ないですからね。

でも少しずつですがサイトを作り続けて、アクセス数も少しずつ上がってきて、ようやく収入が入るようになりました♪

私がメインで利用しているアフィリエイトはA8.net
登録サイト数34万サイト、導入企業数4000社を超える国内最大級の
アフィリエイト・サービス・プロバイダーです。

とにかく広告主が多く、ありとあらゆるジャンルから広告が選べます。
広告の作成の仕方もとっても簡単で、初心者のわたしでも問題なくできましたよ。

アフィリエイトって、すべてタダで出来るのもいいですね。(笑)





posted by ヒロ・ミラン at 14:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

報告書なんて要らない



報告書は仕事ができない人の言い訳の為の文書です。


※ここでいう報告書は、法律上・経理上・顧客に提出するもの等、絶対必要な物は含みません。

私は報告書というものを書くのが嫌いです。

それは、ズボラ人間の私にとって無駄な作業だからです。
相当な時間をかけて過去のことをいろいろ掘り起こして報告書にまとめても、なにも得るものがありません。

しかし会社では、何かにつけて、いちいち報告書の提出を求められることが非常に多いです。
毎日の業務報告、進捗報告、出張報告、打ち合わせ報告、会議報告・・・。

なにか問題があった時の報告書はとても大事ですが、
通常の業務をしている中で求められる報告書はほとんど意味のない無駄なものだと思っています。
そんな報告書が他の人から回ってきても、はっきり言って見ません。
人の仕事、ましてや終わったことに興味ないですから。


報告書は、「私はこのような経緯により、これだけの事を行いました。しかし、このような状況や理由により、このような結果になりました。」
と、満足な結果が得られなかった為に、自分がどれだけ努力したか、外部にどんなマイナス要因があったかを言い訳する為の書類に過ぎないのです。


結果が出ていれば報告書を書く必要はないと思います。
報告書がなくても誰もがその結果は事実として認識していますし、
その結果を得るためには、相当な努力をしたと認められます。

まあ、実際努力したかどうかは関係ありませんけどね。
遊んでいても結果が出せる人のほうが優秀です。


やたら報告書を部下に提出させる上司は、自分が部下を管理していると思い込みたいのでしょう。
そして能力のない人ほど、努力や経緯とか、勤務態度や残業時間を重視しますからね。

もし自分が上司の立場であれば、結果を出す人に報告書の作成は求めません。
報告書作成に費やす時間があったら、その優秀な人には次の仕事をしてもらうほうが、
よほど効率的です。

無駄な報告書作成の仕事はぜひ撲滅しましょう!!
posted by ヒロ・ミラン at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月30日

仕事は忙しい人に頼め

ズボラリズムを追求するために、人をうまく使うことも必要です。

仕事というものは、一人ではできません。
いろんな人と関わりながら、自分の仕事をこなしていくものです。

時には、誰かの処理待ちで、自分の仕事が進まず、イライラすることもありますね。

自分は悪くないのに、人のせいで自分の仕事が遅れる。
ほんとにこれは最悪ですね。
でもこんなことを上司に言い訳しても、自分の価値を下げるだけです。

あなたが、誰かに何かを依頼する時、暇そうな人、手の空いていそうな人を探していませんか。

それでは、待てど暮らせど、仕事は上がってきませんよ。

鉄則は、「仕事は忙しい人に頼め!」です。

本当に忙しい人は、時間を作るということを知っています。
どんなに忙しくても、やらなければならない事は、時間を作ってチャッチャッとこなしてしまいます。ですから、仕事はとても速いのです。

一方、暇そうな人はどうでしょうか?
人間、いくら暇だからといって、余計な事はやりたくありませんし、
一般的に時間がある人は、いつでもできるので、物事を先延ばしにする傾向があります。

ここで、間違えないでほしいのは、
いつも「忙しい、忙しい」と何かにつけて言っているひとは、本当は忙しいふりをしていることが多いです。
本人が本当に忙しいと思っていても、傍から見れば仕事の効率が悪くダラダラやっている可能性大です。

仕事はぜひ、忙しい人に頼みましょう。



posted by ヒロ・ミラン at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

ストレス緊張社会に癒しと集中力を与える パルスエッグ

突然なぜか急に緊張することってありませんか?
私も会議などで、今まで普通に話せていたのに、突然非常に緊張して心臓がドキドキしてしまう時があります。
なぜなのかは分かりませんが、そんな時の特攻薬があったらいいですね。

そこで効果が期待できるのが「パルスエッグ」
パルスエッグはパルス周波数で手のひらを刺激し心をコントロールする機械です。
手は外部の脳といわれ、手の刺激は効率的に脳に伝達されます。

手の中に納まるサイズでコードレスなので、会議中やスピーチ中でも緊張を感じた時に人しれず心を落ち着かせることができます。

パルスエッグは刺激周波数帯によって2つのモードがあります。

緊張をほぐし気分をリラックスさせたい時・・・リラックスモード
意識を集中し、処理能力を高めたい時・・・アクティブモード

仕事中、会議中と上手に使い分けられるのでいいですね。
もちろん自宅でリラックスし、良い睡眠のために使うのもおすすめ。


posted by ヒロ・ミラン at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月19日

記憶術・速読術で試験に合格する!司法書士・行政書士・社労士を目指す方必見

ズボラリズムを勉強に活かす方法教えます。

「最小の勉強で、最大の結果を出す=合格」です!!
記憶術・速読術で試験に合格する!司法書士・行政書士・社労士を目指す方必見

今の貴方が、働く時間を増やさずに収入を増やすにはどうすればいいでしょう。
会社から固定給の給料をもらっている方は、まず不可能ですね。
ではどうするか・・・
 ・給料や仕事の単価が高い仕事に転職すれば収入が増えます。(←あたりまえですね)
そういう仕事を得るには・・・
 ・特殊な技術や資格が必要です。(←あたりまえずぎ!)
でも、そんな資格を取るための勉強している時間なんてないんだけど・・・
 ・勉強はやみくもに時間をかければいいのではありません。
じゃあ、なにかコツみたいなものがあるの?
 ・もちろんあります、このコツを知っている人と知らない人は大違いです。


記憶力が最大のポイントになる、資格試験や大学受験が世の中にはたくさんありますね。
いったい人々は記憶するために毎日どのくらい時間を費やしているのでしょう。

ここで、『一人勝ちの記憶術』という方法で大学の医学部に合格した
オフィスメルクスさんのメルマガの一部を紹介します。
同じ間違いを繰り返さないためのヒントが書かれています。
とくに大量暗記が必要な資格(司法書士、行政書士、社労士など)や大学受験をされる方、
興味のあるかたはぜひ読んで見て下さい。
続きを読む
posted by ヒロ・ミラン at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月18日

黒目を大きく仕事でモテ人間に バイオラクティン ジュエリーレンズ

今テレビで人気のアイドルは、みんな目がぱっちりで黒目が大きいですね。
黒目が大きいと、人を引き付ける魅力につながります。

これは、単に異性にもてるばかりではありません。

●特に仕事の対人関係に効果を発します。
黒目が大きいだけで、とてもやる気があるように見えるのです。
営業職の方、自分がお客様を引き付ける魅力をもった人間であることは、とても大事ですね。
OLの方、かわいい子のほうがそうでない子より、仕事上で得をすることありますね。

それでは、今日から黒目を大きくしてモテ人間になりましょう。

その秘密はコンタクトレンズです。
整形する必要が無いため、多くの芸能人がひそかに愛用しています。

バイオラクティンの、サークルレンズ、ジュエリーレンズは、黒目を大きく見えるようにサークルで縁取られているコンタクトレンズです。
しかも、度が入っていないので処方箋なしに、誰でもすぐに使用できます。

黒目を大きくしてモテ子に変身! バイオラクティン ジュエリーレンズ グレー【@バラエティショップ【ねねや】ダイエット・美容・健康・その他取扱】







posted by ヒロ・ミラン at 05:42| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月16日

上司よ、私の仕事に関わらないで

ズボラリズムのモットーは「最小の労働で最大の結果を出す」です。

私が効率的に仕事を進めるための上司との接し方は、できない上司にはなるべくかかわらないことです。
もともと上司がいなくても困らない部署ですから、承認のはんこさえ押してくれればいいんです。

先の記事、仕事取立て屋で、仕事の回収が進まず悩んでいた時のこと。こんなことがありました。

●私はまだ、一件一件、担当者に催促を出し、目いっぱいストレスをためていました。

●私の上司は、「回収がうまく進まない時は、僕から催促するから。」と言います。
 (めすらしく上司らしい発言するじゃん)

●私は、回収できない何件かの担当者の名前と仕事の内容を詳細に報告しました。

●早速私の上司は、提出しない担当者本人とその上司にビシッと催促をしました。
 (さすが!)



ここまではいいのですが・・・・



●私の上司は、自分が催促したことですでに大役をはたし、自分の役目は終わったと思っていたのです。(後から気が付きました)

●別の部署とはいえ、管理職から催促された担当者の何人かは、すこしヤバイと思ったのか、
わりとすぐ催促者(私の上司)に提出したようです。



数日後・・・・



●いつまでたっても、何も上司から言われないなと思っていたら、
自分の役目は終わったと思っている彼、提出された件に関して何もしてなかったのです。
だって自分にこの仕事の管理が移っているなんて夢にも思ってないのですから。

●さあ、これでもうぐちゃぐちゃです。管理ができない上司に一時的に仕事を渡してしまったばかりに、
何がどこまで進んでいるのか、私は状況が全く把握できなくなってしまいました。

●私から担当者に催促すると、「もう出したよ。」とムカついた口調で言われるし、
私が上司に聞いたところで、何も把握していません。

●結局、私が一件一件状況を確認して調べるはめに・・・。
 はあ〜これで何時間無駄にしたことでしょう。

 二度と上司を私の仕事に関わらせないと誓った日の話でした。






posted by ヒロ・ミラン at 05:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事取立て屋

私の仕事を一言で表すと、仕事取立て屋です。

取り立てる仕事の種類はさまざまですが、
社員に通常の業務以外のことをやってもらい、実施結果を回収し、
内容を確認して不十分だと、担当者に戻して再度実施してもらわないとなりません。

でも私はぺーぺーの派遣社員。誰も私の言うことなんか聞いてくれません。
管理職でもないのに、管理業務みたいな事をやっているので非常にストレスが溜まります。

期限内に提出されるのは、10%もありません。
何度催促しても、絶対にやらない人もいて、社長まで巻き込む寸前になった時もありました。
たとえ提出されたとしても、実施内容が不十分なものがほとんどです。

「なぜ私がこんな仕事をしなければならないの?」とても悩みました。
何度も何度も電話したり、メールしたりして催促しなければなりません。
まるで、借金の取立て屋になったような気分でした。

悩んで悩んだ末、私は180度発想を変えることにしました。

ほぼ全てを事務的に、ストレスもなくこなせるような手順を自分なりに作り
実施できるようになりました。

その私が実践している具体的な手順とは・・・
続きを読む
posted by ヒロ・ミラン at 05:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月11日

派遣社員の権利を駆使する

何年か前までは一時的な雇用を目的に派遣社員を使う企業が多かったと思いますが、
今ではすっかり、人件費削減の為に派遣を使う企業がほとんどになりました。

そういう会社に限って
「社員も派遣も区別しない」なんて、かっこいいことを言いますが、
実はこれ、人を安く使う、体の良い言い訳なんです。

中には「派遣なのに、こんな重要な仕事をさせていただいて、とてもやりがいがあります!」
と素直に受け止めるな方もいるとは思いますが、
私は、「社員と派遣は区別すべき」と強く思います。もちろん差別はいけませんが。

私も派遣でかれこれ同じ会社に3ヶ月更新で3年ほど働いていますが、仕事の内容については区別されていません。他にも何人か派遣の人が社員よりも重要な仕事をしています。

派遣で働くには皆それなりの理由がありますが
その利益を損なわないように、私は自らを区別化をしています。

●契約している仕事のみ行う。
手が空いてれば、別に頼まれた仕事をやるのは構いませんが、それが自分の業務になってしまう可能性があります。社員の中には、あわよくば自分の仕事を派遣にまわしてしまおうと考える人がいます。私は、最初いい顔をしていたばかりに、仕事を増やし墓穴を掘りました。

ですから今では、ちょっと手伝ってほしいと言われたときは、
自分の仕事が滞らないか考え、あくまで今日だけの手伝いと相手に認識させてから
仕事をするようにしています。

●契約時間を遵守する。
この3年間、初日から今まで定時きっかりに退社する姿勢をほぼ貫いています。
こんな人は社内で私しかいませんが、もう周りは「そういう人」と思っているみたいです。
今の所、面と向かって文句を言われたことはありません。(影では知りませんが、気にしません!)
もちろん、絶対に今日中にやらなければならない仕事がある場合は残業しますが、
こんなこと年に数回です。

お客様相手の仕事をされている方は、この方法は通用しないかもしれませんが、
派遣で仕事をするメリット、デメリットをよく考えて、自分の利益を追求しましょう。
結局は収入を得るために働いているのですから。

posted by ヒロ・ミラン at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

上司を操れ!!

あなたの上司はできる人?できない人?

残念ながら、私の上司は後者です。
子会社の宿命なのか、親会社で使えない人材を押し付けられており、
さらに悪いことに、年が年なため、重要な組織のトップにいるわけです。
あ〜悲しき年功序列は根強くはびこっております。

そうなると部下は本当に大変です。
はっきり行って、上司がいなくても全く問題なく仕事は進んでいきます。
しかしできない管理職は、自分の仕事の管理もできないくせに、
部下の仕事を管理しようとします。

忙しい時に限って「今の進捗状況を表にまとめて報告して」なんて事を言うから始末におえません。

仕事ができない人は、今最優先でやるべき事が、分からないんですね。

それに、報告を求めるということは、報告された結果をもとに自分が何かをするということです。自分が管理していると思い込むためにするものではありません。

まあ、できない人に何をいっても仕方がないので、
ここは、管理していると思い込ませておいてあげましょう。

でも、途中経過を上司に報告するための資料なんてズボラリズムでは絶対作りません。
まず、上司に経過の中で一番知りたいポイントを聞きます。
そこですかさず「これなら、この情報だけあれば十分ですので、すぐに出せます!」と期待をもたせ、
「全体を表にまとめるとなると、○時間かかりますので、報告は○時ごろになります。」
2つの選択を示すと、たいてい、じゃあこの情報だけ早く知りたいと言われます。

これで無駄な作業が大幅に減りました。
上司の指示に従って、無駄な仕事をするのはまっぴらですね。
うまい具合に上司を操って、自分が部下を管理しているとうまく思わせておきましょう。

こんな本で、アイデアを探ってみるのもいいかもしれません。



部下力―上司を動かす技術
posted by ヒロ・ミラン at 06:25| Comment(2) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月07日

依頼できる仕事は依頼する

ズボラリズムは、ビジネスに非常に有効です。

自分が出来ないことは、出来る人にやってもらう。
自分が出来ることでも、自分より出来る人にやってもらう。
これが、速く良い結果を出すことに繋がります。

仕事を人に頼むっていってみも、自分に部下がいるわけではない。
と思う方も多いでしょう。

私の場合も、会社では一番下の立場で、おまけに派遣社員です。
しかも、出来の悪い上司より無理難題を押し付けられることが非常に多いのです。

そんな時はどうするか・・・。

「それは私の仕事じゃない!」
「そんなこと、やったことも無いし、知識もないんだから、無理だ!」
「だいたい、自分が出来ないからって、人に丸投げするな!」

というのが本音ですが、ここは、ぐっとこらえてこうします。

ちなみに私の会社では、こういうやり方が通用するという例であって、
すべての方に当てはまるわけではありませんので、あしからず。

●まず、それは本来自分の業務ではないけれど、できるだけの事はやるという事を伝えます。

※自分の担当業務ではないことを、明確にしておくことが大切です。担当業務で失敗すれば自分の責任ですが、担当外の業務であれば、万が一失敗しても指示したほうの責任になります。

●そして、頼まれた業務の中で、自分の力でできること、出来ないことを明確に伝えます。
  
※ただ知りません、出来ませんは自分が信用を失います。

●自分で出来ない部分については、それを誰かに依頼できるように、上司の了解をとっておきます。その際は、自分で依頼する人をあらかじめ決めておきます。

※この時、「この部分を誰かに手伝っていただきたいのですが・・・・」なんて中途半端に言ってはいけません。無能な上司は、部下の能力を見極める能力もありませんので、暇そうな人を連れてくるのがおちです。
なぜ暇な人がダメなのかはこちらの記事


●「この部分は私の専門外ですので、これに一番精通している○○さんに依頼したいのですが、よろしいでしょうか」とはっきり誰の力が必要か伝えます。
その人じゃないとだめだという理由をなんでもいいから付け加えます。

もし、誰が詳しいか自分でわからないときは、自分で探します。
私はとりあえず、一番仕事が出来る人に聞いてみます。

●だれに依頼したいか決まったら、正式な依頼を出します。

※個人的に頼むのではなく、あくまで上司を通じて依頼するのが筋です。
依頼先が他の部署の人の場合は、自分→自分の上司→依頼先の上司→依頼先の人というルートになります。
突然下っ端の人間から、これをやってくださいと言われても、普通やりませんが、上司の指示でしたら、その人もやらざるをえませんからね。

このように、助っ人を確保した上で、仕事を進めていきます。
なかには、仕事のほとんどを何人かの助っ人に依頼して、自分はそのとりまとめだけを行うといった場合もあります。

別に、自分ができる仕事を人に依頼したっていいんです。
たとえば、「ここの部分の作業には最低3日かかります。その間は私の担当業務である△△に支障をきたしますので、この部分だけは、○○さんに依頼したいのですが。」
などなど、ものは言いようです。

誰をどう使おうと、結果さえ出せれば会社は満足です。
がんばれ、サラリーマン!

posted by ヒロ・ミラン at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月28日

超効率的なワタシ

ズボラ主婦は、一石二鳥や三鳥になるものが大好きです。

でも、単なるズボラなんてとバカにしないで下さい。

最小の労働で、最大の結果を出すために、日々仕事の効率化をはかっているのです。
職場でも同じです。
私は、いかに楽して同じ結果を出すかということを、常に考えながら仕事しているため、仕事は早いといわれます。
毎日5時の定時には、きっかり退社しています。(勤め始めて3年近くなりますが、今の所、文句を言われたことはありません。)
定時に帰るためには、とにかく効率よく仕事をする必要があるんですね。
そのためにはどんどん、手順を変えてきました。同じ結果さえだせればいいのですから。

でも周りの人を見渡してみるとどうでしょう。
どんなに非効率的な手順でも、けして先輩から教わったやり方を変えようとはせず、黙々と、こつこつと仕事をし、どうみても私より特別仕事量が多いとは思えないのに、残業をたくさんして、多くの給料をもらっている姿をみると、複雑な気持ちになります。

日本の社会では、いまだに努力とか、残業時間の長さが評価に繋がる会社がたくさんありますからね。

私から見れば、残業する人=仕事量が本当に多い人 というのは、ごくごく1部で、
残業する人=仕事ができない人 が大半としか思えません。


ちょっと話が横道にそれてしまいましたが、

「最小の労働で最大の結果をだす!」
日々この精神で生きているズボラ主婦が社会に出たとき、
とてつもない結果が出されることがあるのです。

代表的なのが、主婦のアイデア商品です。
自分が不便だな、こういうのがあれば、もっと家事が楽になるのにという、
経験に基づいたひらめきによって開発された商品が
大ヒットすることがありますよね。

私はまだまだ、そこまでには至りませんが、
今、世の中にある物の中から、家事を楽にする道具を探し求め、
こうして紹介しているわけです。

今日の商品は、その名も「健康モップスリッパ」
もう、おわかりですね。
健康サンダルの裏にモップがついている、あれです。

もう、お宅にありますか?

え?ない?
ではぜひこの機会に買ってみて下さい。
本当に便利です、子供を遊ばせるのにも。
私は子供に履かせて、家中を走ったり、滑らさせたりしています。

あ、もちろん名私の身体もイキイキ!床もピカピカ!

健康モップスリッパ(2足組)【よろずや】


posted by ヒロ・ミラン at 04:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月24日

EXCEL(エクセル)テンプレートでエクセレントに仕事

皆さんEXCEL使っていますか〜?
YES!

関数使っていますか?
・・・少しだけ。合計出すとか・・・。

マクロ使っていますか?
・・・マクロって何?

エクセルって本当に便利なソフトで、
ものすごく色々なことができるんです、使いこなせれば。

でも使いこなしている人って、滅多にいないんですよね。
わたしも、仕事ではEXCELいつも使っているんだけど、
計算式は苦手で、ほんと初歩的な表計算くらいしか
やったことが無いんです。

そんな人に超おすすめなのが、EXCELのテンプレート集。
今、PC雑誌等で紹介され、大人気のCDです。
これで大抵のことが、出来ちゃいます。
350本も収録してあって、今後追加されるテンプレートも無料で入手でき、
定価2800円がたったの2000円!おまけに送料無料です。

この機会にGETしないと絶対損ですよ!!

お仕事で使う人は、
「仕事が速いヤツ」と言われるようになること間違いなし!

これがうわさのEXCELテンプレート集CD「送料無料」【Juno InterLink】

posted by ヒロ・ミラン at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ズボラに仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。